「 伊勢志摩サイクリングフェスティバル」行ってきました。」

日曜日の 伊勢志摩 サイクリングフェスティバルのpic . 43キロ 420upのゆるーいイベントに 参加しました 志摩スペイン村の中をロードバイクで走り 園内の色んなところで写真撮影

普段では撮れないとこなので いい写真が 沢山撮れました。

イベントの後はスペイン村で遊び 久々ジェットコースターに ビビりながら乗る でも、乗ったら楽しくて大満足でした その後展望まで プチクライムをしたり 前日は伊勢、鳥羽で遊びまくり またまた、全力で遊びまくった 二日間でした。

 

View this post on Instagram

 

 

View this post on Instagram

 

伊勢志摩サイクリングフェスティバル に参加
久しぶりのロングライド40km思いっきり走れて楽しかった〜〜!!
今回はレース出まくってるサイクリスト(良い意味でキチガイ)と一緒に参加したので、いろんなこと教えてもらえた
もっと速く長く走れるようになりたい…!!
参加特典で志摩スペイン村の入園券をもらえたので、午後は童心に返って全力で遊びました

 

View this post on Instagram

 

第5回伊勢志摩サイクリングフェスティバル

1日目 今回初参加のサイクリングイベント。
近鉄のサイクルトレインを利用して大和八木から賢島へ。
なんとこの電車、まるまる貸切。さらに上本町、長瀬、伊賀神戸から乗車する場合は、自転車を直載できる強者。輪行袋に入れての乗車でも、空席の間に収納できるため、輪行特有の精神的ストレスゼロ。座席も指定があったものの、ガラ空きのため、どこでもオーケー。こんなにストレスのない電車は人生初。最高。晴天。海きれい。賢島からは、自転車はトラック、人間はバスでスペイン村まで運んでくれる。

自走も可。スペイン村で受付を済ませる。そして、無料の入園チケットを手に入れ、歩き回る。14:00からは#MAVIC によるパンク修理、事前準備講習会。パンク未経験者にとってはありがたい。

その後、またまた村に戻って、絶叫しまくる。意外と強敵スペイン村。やっぱり高所恐怖症。晩御飯はコンビニ弁当。

シーズンインアミーゴス で就寝。

2日目 7時に出発。900人のサイクリストでごった返すが、会場が広いためあまり嫌な気はしない。荷物も預かってもらえる。8時スタート。直後こそ、走りにくかったが、そのうちバラバラになってスイスイ。

本当に走りやすい。景色きれい。食べ物美味しい。まじ最高。快晴でよかった、雨女説脱却。あっという間の40キロ。スペイン村の中を走って、森の中の道を進み、海を横目に見ながら、岬で休憩&ご当地グルメ。曲がり角にはボランティアスタッフ。6000円でいいんですかの連続。時間あったので、スペイン村に入ってちょっと遊ぶ。

帰りは自走で賢島へ。8キロくらいなので、全然いける。
これは、毎年参加確定。

大会参加賞
受付時
→ボディシート、スポース用羊羹×2(すごい、byファミマ)、大会デザインサコッシュ(めっちゃオシャレ)、志摩スペイン村入園チケット(同伴者1名分も)
10キロエイド<#安乗埼灯台>
→あおさのポテトサラダ、ちくわの磯辺揚げ、海藻スープ
25キロエイド<#波切漁港>
→蒸し牡蠣、蒸し檜扇貝、アオサの味噌汁
ゴール
→てこね寿司 (がっつり一人前)、芋けんぴ&ビーフジャーキー(byファミマ)、お水500ml、完走証

 

View this post on Instagram

 

ゴールのあとは、伊勢志摩グルメのふるまい٩(ˊᗜˋ*)و
てこね寿司を楽しんでもらっています

 

View this post on Instagram

 

 

View this post on Instagram

 

【伊勢志摩サイクリングフェスティバル】

先週の土日、今年で4回目となる伊勢志摩サイクリングフェスティバルはご当地の名物をエイド(休憩ポイント)で食べながらコースを進んでいくイベントに参加してきました~(*^ー^)ノ♪

スペイン村の園内を自転車で漕ぐという貴重な経験をさせていただきました
あおさの味噌汁や手こね寿司など食べ物もおいしく、コースもいい感じで最高でした

 

View this post on Instagram

 

————————————————————————————————–
最新リアルな自転車情報ならチャリでブー!写真・サイクリングコース・飲食休憩やショップ・自転車女子の特集やファッションなどのトレンドを発信!・ロードバイク・マウンテン・クロス・ミニベロなど数多くの情報を掲載中です。
————————————————————————————————–








通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。