名古屋城 ロードバイクでサイクリング36.3km・自転車

ロードバイクで今日は名古屋城まで36.3kmのライド。
距離はたいしたことないが、町中の歩道と信号に阻まれ平均速度9km、、、、気にせず走れるサイクリングロードがやっぱり楽しい。

 

View this post on Instagram

 

keikoさん(@keikopraha)がシェアした投稿

名古屋城 出典:https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/
〒460-0031
愛知県名古屋市中区本丸1番1号
TEL:052-231-1700

名古屋築城とその時代

名古屋城は、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城です。
江戸幕府が体制を確立する激動の時代に、濃尾平野を見晴るかす高台に忽然と巨大な城郭が誕生しました。
本丸御殿とは
かつて名古屋城の本丸には、天守閣の南側に本丸御殿がありました。この本丸御殿は、近世城郭御殿の最高傑作と言われ国宝に指定されていた建物で、現在、国宝になっている京都二条城の二の丸御殿と並ぶ武家風書院造の双璧と言われていました。

勇壮な天守閣と優美な御殿が並び建つことで、名古屋城は城郭建築としての風格を形成しており、1930年(昭和5年)に国宝に指定されましたが、1945年(昭和20年)5月、空襲により天守閣、本丸御殿ともに焼失してしまいました。

戦後の復興にともない、1959年(昭和34年)に天守閣は再建されました。本丸御殿についても、江戸時代の文献のほか、多くの写真、実測図が残されており、在りし日の姿を忠実に蘇らせることが可能であり、2009年(平成21年)1月に復元に着手し、2018年(平成30年)6月に完成公開しました。

本丸御殿観覧時のお願い
本丸御殿では、柱はもちろん床板や障子の桟にいたるまで、桧をはじめとする貴重な木材を用いています。飾金具や障壁画復元模写も、職人や絵師が心をこめて制作しました。今のこの美しさを保つため、皆様のご協力をお願いいたします。
・入口で靴をお脱ぎいただきます。素足・ストッキングの方は、備え付けのスリッパにお履きかえください。
・スーツケースなどの大きな荷物は、御殿内の無料ロッカーにお預けください。
・襖、障子、金具類には、絶対にお手を触れないでください。
・障壁画保護のため、カメラのフラッシュを事前にお切りください。切り方などご不明の方は、係員にお声がけください。
・建物を傷つける行為はお控えください
・飲食禁止
・禁煙
・携帯電話使用禁止
・車椅子の方は、御殿北側のスロープをご利用ください。御殿内専用の車椅子を用意しております。
・江戸時代の空間を正確に復元するため、照明を控え、冷暖房・トイレなどは設置していません。体調に十分ご留意のうえご観覧くださいますようお願いいたします。

 

View this post on Instagram

 

yoshioさん(@____yoshio____)がシェアした投稿

————————————————————————————————–
最新リアルな自転車情報ならチャリでブー!写真・サイクリングコース・飲食休憩やショップ・自転車女子の特集やファッションなどのトレンドを発信!・ロードバイク・マウンテン・クロス・ミニベロなど数多くの情報を掲載中です。
————————————————————————————————–








通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。