東京 ロードバイク女子のツールド御朱印ライド「下神明天祖神社」「稲毛神社」自転車

先日9月9日、サークルの「ツール・ド・御朱印ライド」に参加しました。
今日は、品川区二葉の「下神明天祖神社」と川崎市川崎区の「稲毛神社」を目指します。
集合場所の多摩水道橋礎まで自宅から21km、自転車ナビを見ながら多摩川CRを走ります。
今日の参加者は6名。
夕べ遅くに決まったライドにも関わらず、6人集まるのはすごい!下神明天祖神社まで19kmほど走ります。ここで、”ツール・ド・御朱印専用御朱印帳”を¥1000で買って、御朱印をもらって…
麦茶と都こんぶのサービスが♫

ここのジュースの自販機、赤い水玉模様!
この赤い水玉の中に一つだけ鈴の形があるとのこと…ありました、横の中心の箇所に!
次の稲荷神社までは10kmほど…
境内に入ると、左右に姿勢の違う狛犬が…上半身に心配ごとがある人は右の狛犬を、下半身に心配ごとがある人は左の狛犬を撫でると御利益があるとのことです。
今日のランチは多摩川CR沿いの「チチカフェ」
ランチを食べた後は、カキ氷^ ^
私は、マンゴー
他のメンバーは、抹茶小豆に梅付き練乳♪
カキ氷もそろそろ終わりかな。
10社の神社を巡る「ツール・ド・御朱印」
残りの8社、期日の期限はないから気長ーに巡ります。 走行距離90km。

 

View this post on Instagram

 

Sayuさん(@abuxiaobaihe7269)がシェアした投稿

下神明天祖神社 出典:http://shimo-shinmei.jp/
〒142-0043
東京都品川区二葉1丁目3-24
電話:03-3782-7349
※受付時間:午前8時より午後5時

下神明天祖神社は荏原東地区の七町会を氏子範囲とする小さな鎮守さまですが、人々の神社への思いは篤く、一年を通じ多くの神社行事が斎行されています。
また、教化行事として「雅楽の普及」「氏子・崇敬者による巫女舞奉納」を掲げ、社務所での稽古や近隣学校での雅楽鑑賞会、技術指導を行っています。

毎月1日は朝7時より月次祭を斎行しております。ご参列自由です。事前の連絡は不要ですので、5分前くらいに境内にお集まりください。祭典は約20分程です。

 


11月25日ツールド御朱印サイクリング。
九社目は東京都品川区の下神明天祖神社。
近くにサイクリストにはたまらない山岳賞柄の自動販売機!

View this post on Instagram

@longxing3321がシェアした投稿


ツールド御朱印!
9月末から開催されてるツールド御朱印にチャレンジ中!(昨日から)
亀戸→大井→川崎を回るはずが川崎まで回れず( ;∀;)


いつお参りに来ても、落ち着く雰囲気です。
大好きな場所。

稲毛神社 出典:http://takemikatsuchi.net/about/index.html
〒210-0004
神奈川県川崎市川崎区宮本町7-7
tel:044-222-4554

ご由緒
ご創建
当神社のご創建の年代は詳らかではありませんが、御神木大銀杏の樹齢が1千年と推定されるところから、当地の古社であることがわかります。

社伝によれば、当神社は東国に争乱の絶えなかった頃、武神・武甕槌神をまつり、天皇軍の戦勝を祈る社として建てられたと伝えられています。第十二代景行天皇が東国御巡遊のおり当神社に賊難を避けられたといい、第二十九代欽明天皇の御代、この地方に動乱が絶えなかったため、天皇は当神社に幣帛・七串を奉り、新たに経津主神、菊理媛神、伊弉諾神、伊弉冉神を配祀せしめられ、戦勝とその後の親和協力を祈られ、以後長く勅願所であったと伝えられます。
鎌倉時代以降
鎌倉時代には将軍家より社領七百石を賜り、佐々木四郎高綱公が源頼朝公の命を受けて御社殿の造営に当たりました。

足利時代には、当時の神主が新田家と関係が深かったため社領を二十石に削られてしまいました。しかしこの時代の信仰の深さを物語る史料として、応永十一年(一四〇四)の大般若経六百巻施入の記録があります。また新潟県の国上寺に現存する長禄二年(一四五八)銘の鰐口は河崎山王社すなわち当社に奉献されたものです。

秀吉公および江戸幕府からは二十石を賜りました。とくに家康公江戸入府に際し天海僧正ご巡見の参拝あり、随神門、神馬等の寄進を受けたと伝えられます。江戸時代中期以降は平和な時代風潮の中で殷賑を極め、社家九家社人十三人を擁し、川崎宿および河崎七ヶ村の鎮守として広く近隣一円の崇敬を集め、 例大祭「河崎山王まつり」は六月十五日に行われ、その盛況なさまから「東の祇園」と称されて街道名物の一つとなっていました。

ご社名
当神社は初め御祭神の御名をそのままとって、「武甕槌宮」と称していましたが、平安時代末期にこの地を領有した河崎冠者基家(秩父平氏)が山王権現を勧請して以後「河崎山王社」「堀之内山王権現」「五社山王」「三社宮」などとよばれていました。

山王権現の称号は、天台宗系の神仏習合思想「山王一実神道」によりますが、慶応四年、下向された有栖川宮熾仁親王殿下が当神社にご休憩され、その折りの殿下の御言葉「御社名、新政府の神仏分離の方針に相応しからず」により、鎮座地武蔵国稲毛庄の名をとって「川崎大神稲毛神社」と改称しました。その後、一時「川崎大神宮」と呼ばれた時期もありましたが、明治中期には「稲毛神社」が固定しました。

ご社殿
旧御社殿は江戸中期の宝永年間に川崎宿本陣当主・田中丘隅の世話によって造営された荘厳優雅な建物でしたが昭和二十年の空襲により灰塵に帰してしまいました。しかしその後、氏子崇敬者の赤誠によって、昭和三十八年、鉄筋コンクリート神明造り、延べ面積数百一坪の華麗なる現社殿の新築を見ました。 なお当神社は、昭和四十一年、神社本庁より「別表に掲げる神社」に指定されました。


稲毛神社へ行ってきました。
初めてだったのですが狛犬が珍しくて見入ってしまいました!
他にも一般的な狛犬も鎮座していました。
御朱印は3種類あり、私はこの2種類にしました。

稲城神社の御神木である大銀杏の周りを周りながら願い事をすると
願いが叶うと言われているようです。
御神木の周囲にはブロンズの十二支の像がありました。
御神木が大きすぎて写真が撮れなかった…
なので自分の干支であるイノシシとパシャり(笑)

————————————————————————————————–
最新リアルな自転車情報ならチャリでブー!写真・サイクリングコース・飲食休憩やショップ・自転車女子の特集やファッションなどのトレンドを発信!・ロードバイク・マウンテン・クロス・ミニベロなど数多くの情報を掲載中です。
————————————————————————————————–








通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。