ブロンプトンで東京駅サイクリング/自転車

東京駅の駅舎は写真好きが集まってますね。

 

 

View this post on Instagram

 

Soji Masudaさん(@sojimasuda)がシェアした投稿 –

丸の内仲通り イルミネーションの雰囲気を伝えたいけどイマイチ。

ブロンプトン wiki
フレームデザイン[編集]

基本デザインは1986年にリッチーが工場を立ち上げて生産を始めてからほとんど変わっていない。もちろんそれは初期モデルから改良が全くなされていないということではなく、毎年少しずつ小さな改良は施されている。

折り畳みサイズは565 mm × 545 mm × 250 mm、車輪の大きさ16インチ、タイヤは「16×1 3/8」(37-349、16インチWOともいう)を使用する。折り畳み時間は慣れれば15秒程度。折り畳んだ状態で固定されているのでそのまま持ち上げることもできるが、折り畳んだ状態で小さなキャスターが床につくようになっているので、そのまま転がして運ぶことも可能(オプションの「イージーホイールキット」の装着をしておくことが望ましい)。重量はモデルによって異なり9.8kgから13kg程度。

生産管理は一貫してブロンプトンバイシクル社が行っており、それぞれの車体のフレーム溶接、組み立ての担当者が記録され、頻繁に破壊テストを行うなど品質管理は徹底している。

設計の考え方として日常生活で長年にわたって使用できる耐久性を第一に、次に無駄な重量を増やさないことを重点に置いており、使い方としてはスポーツ自転車というよりもロードスター型自転車ないし実用車としての使い方を想定して設計されている。そのため重量増のデメリットがあっても金属疲労による急激な破断が起こりにくいクロムモリブデン鋼をフレームの材質に採用しており、シンプルでいて堅牢な作りになっている。同じ理由で外装変速機(ディレーラー)に比べて重量増、限られた変速段数というデメリットはありながらも整備不良などでも故障が起こりにくい内装ギアを採用している。

製造当初からクロムモリブデン鋼製フレーム(以下「スタンダードフレーム」と表記する)のみだったが2005年に新たにフレームの一部[1]にチタンを使った軽量フレーム(以下「軽量フレーム」)が加わった。すべての塗装は厚いパウダー塗装で施される。

————————————————————————————————–
最新リアルな自転車情報ならチャリでブー!写真・サイクリングコース・飲食休憩やショップ・自転車女子の特集やファッションなどのトレンドを発信!・ロードバイク・マウンテン・クロス・ミニベロなど数多くの情報を掲載中です。
————————————————————————————————–








通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。