トライアスロンバイク『アルゴン18』カッコいい!

トライアスロンバイク アルゴン18(ARGON18)カッコいい!
オーダーならトレックも負けてない。
プロジェクトワンもすごいよオシャレ!

 

View this post on Instagram

 

Kazu trekさん(@kazu.trek)がシェアした投稿


出典:http://argon18.jpn.org/
ARGON18(アルゴン・エイティーン)は、カナダ・ケベック州の都市モントリオール(フランス語圏のため現地ではモンレアルと発音)を拠点とする、スポーツバイク専業のカナディアンメーカー。セントローレンス川の中洲に発展した「北米のパリ」と呼ばれる美しい街で、1989年に元プロロードレーサーの創業者・現CEOジェルベー・リュー(Gervais Rioux)によってブランドの歩みはスタートした。
ツアー・オブ・ルクセンブルグ、ツアー・オブ・ネバダ、グランプリ・ド・シクリスト・モンレアルなどのプロレースでの勝利、3度の全カナダロードチャンピオンなど通算150勝以上を挙げたプロロードレーサー、ジェルベー・リュー。1982年コモンウェルスゲーム、1988年ソウルオリンピック出場を経験し、1990年の世界選手権ロードレースを最後に引退した。

ARGON 18創業者・現CEOジェルベー・リュー

モントリオールを拠点とするプロチーム「EVIAN MIKO(エヴィアン・ミコ)」の所属選手だったリューが、プロ生活最期の年に駆ったバイクがARGON 18だった。当時、地元サイクルショップのプロデュースするショップブランドとしてスタートしてわずか1年のARGON 18は、リューの活躍により一躍脚光を浴びるようになる。しかし同時にショップは経営難に陥っていた。

「競技生活最後の年は1990年。9月に日本で開催された世界選手権ロードが最後のレースだった。引退したら自然療法師になろうと思っていた。なぜなら選手時代から、正しく食べて、健康でいられる方法についていつも興味を持っていたから。引退してから学校を卒業するのにまだ3ヶ月あった」とリューは言う。

引退して間もないリューは、ショップのオーナーからビジネス参加の誘いを受ける。一度はそれを断ったが、数週間後に倒産の瀬戸際に立たされた話を聞き、自身が関係をもってきたショップを危機から救う決心をする。経営権を50セントで買い取り、債務ごとビジネスを引き継ぐことに。1990年12月、リューは引退してから2ヶ月余りで選手からショップ経営者になった。

 

View this post on Instagram

 

김기은さん(@newkini_69k2eun)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

kazu.azuさん(@kazu.azu)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Leone.7さん(@m.shibu_7)がシェアした投稿

————————————————————————————————–
最新リアルな自転車情報ならチャリでブー!写真・サイクリングコース・飲食休憩やショップ・自転車女子の特集やファッションなどのトレンドを発信!・ロードバイク・マウンテン・クロス・ミニベロなど数多くの情報を掲載中です。
————————————————————————————————–








通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。