藤沢市ロードバイクで「生しらす丼」ライドでサイクリング

 

セカンドミッションは生シラ〜〜すぐ( ^ω^ ) 生桜エビが食べれなかったのは残念だが次回のお楽しみって事で!

しらす問屋 とびっちょ 弁財天仲見世通り店
神奈川県藤沢市江の島2-1-9
0466-29-9090
http://tobiccho.com/shops/benzaiten
11:00~20:00

出典:しらす問屋 とびっちょ
新鮮なしらすしか使いません!
しらすは最も鮮度が落ちやすい魚の一つなので、当店でお出しする生しらすはその日に獲れた新鮮なしらすしか使いません!

生しらすが食べられない日も
1月~3月中旬の禁漁期間と、時化(シケ)などにより船が出港しない日は生しらす料理を提供することはできません。また、漁の状況により入荷量が少ない日は早い時間に完売してしまうこともございます。

入荷量がとても少ない日は、できるだけたくさんのお客様に召し上がっていただけるよう、生しらすを使うメニューを限定してのご提供とさせて頂いております。(例:「とびっちょ丼」と「生しらす単品」のみ)

茹でただけのものを「釜揚げしらす(釜揚げちりめん)」、さらに天日干ししたものをしらす干しと呼び、地方や乾燥の具合などによって、中干しシラス(太白ちりめん・太白・やわ干し・やわ乾・しらす・しらす干し・普通干し)、上干(上乾)チリメン(ちりめん・ちりめんじゃこ・かちり)などのように呼び名が変わります。

元々しらすとは鮎やウナギ、イワシ、ニシン、イカナゴなどの魚の稚魚の総称なのです。この種の稚魚は体に色素が少なく、白色~透明色をしているのでこう呼ばれれています。そもそもこの「しらす」という言葉は、一説には時代劇でよく見かける白い砂利の敷かれた裁きの場所「お白州」からきていると言われています、しらすを干していて一面真っ白な状態が、お白州に似ていたことから名づけられたとか。いつしか、色の薄い稚魚を総称して、しらすと呼ぶようになりました。(身体が白い子、で「白子(しらす)」という説もあります)
現在、一般的に「しらす」として売られ、食されているのは主にカタクチイワシの稚魚です。カタクチイワシ以外にもマイワシやウルメイワシの稚魚もしらすとして流通していますが、量としてはカタクチイワシの稚魚が最も多いのです。

 

 

View this post on Instagram

 

 

View this post on Instagram

 

 

View this post on Instagram

 

 

View this post on Instagram

 

————————————————————————————————–
最新リアルな自転車情報ならチャリでブー!写真・サイクリングコース・飲食休憩やショップ・自転車女子の特集やファッションなどのトレンドを発信!・ロードバイク・マウンテン・クロス・ミニベロなど数多くの情報を掲載中です。
————————————————————————————————–








通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。