千葉・ロードバイクで花見川・印旛沼をサイクリング/自転車


本日は美和と印旛沼へ。 久しぶりの印旛沼、あれ、花見川CR走りにく((← まぁ楽しかった!
印旛沼での俺たちの名物、卵かけご飯がまさかの完売で萎えた。わざとお腹すかせて行ったのに

結局お昼は3時ごろにファミマでカップ麺…美味しいけども笑 次行くときは卵かけご飯食べよう! そしていい道探そう!笑笑 ・ ・

美和のスマホで撮った写真、綺麗すぎ。あれ、俺のiPhone頑張れよ。 俺のスマホをiPhoneって言ったら怒られそう。子供ケータイでしたごめんなさい。 ・ ・

 

View this post on Instagram

 

ひかる/らいとさん(@light_spezed)がシェアした投稿

印旛沼サイクリングロード
オランダ式風車があるふるさと広場を起点として印旛沼の自然を満喫できる「西印旛沼周遊コース」と佐倉城址や武家屋敷などの文化財を肌で感じられる「城下町周遊コース」の2つのサイクリングマップを作成しました。

印旛沼
利根川下流右岸、下総台地の中央に位置する。もともとは “W” 字型のより大きい沼であったが、戦後の干拓によって2つの細い水路でつながった北部調節池(北印旛沼)と西部調節池(西印旛沼)に水域が分かれ、面積は半分以下に減少している。しかし、それでも湖沼としては千葉県内最大の面積を誇っている。ちなみに北印旛沼・西印旛沼の両者は、印旛捷水路または中央排水路を介して繋がっている。

沼の南側沿岸には京成本線が走り、東京のベッドタウンである佐倉市街地も近い。東側には成田ニュータウンがあり、北西には千葉ニュータウンがある。また、成田スカイアクセスおよび北千葉道路が北印旛沼を横断する。

東京都心から30 – 50キロメートルと首都圏に位置するため流域人口は多く、72.7万人に達する。これは琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本で3番目に多い。流域面積は487.18 km2。

通常、印旛沼の水は北印旛沼から長門川を下って利根川へ合流する。しかし、印旛沼自身の増水(内水)や利根川洪水(外水)での逆流入が起こるとそれまでの流出方向とは変わり、西印旛沼から印旛放水路(新川・花見川)を伝って東京湾へと排水される。 wiki

————————————————————————————————–
最新リアルな自転車情報ならチャリでブー!写真・サイクリングコース・飲食休憩やショップ・自転車女子の特集やファッションなどのトレンドを発信!・ロードバイク・マウンテン・クロス・ミニベロなど数多くの情報を掲載中です。
————————————————————————————————–








通報する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。